2015年3月24日プレスリリース

TAGGYのダイナミックレコメンド広告「おもてなしバナー」、Googleが提供するDSP「DoubleClick Bid Manager」での配信を開始

ディスプレイ広告市場にてデータオプティマイゼーション(最適化)サービスを提供する株式会社TAGGY(東京都港区 代表取締役社長:石上裕、以下TAGGY)は、Googleが提供するディスプレイ広告の配信最適化を実現するDSP(※1)「DoubleClick Bid Manager」にて、広告上で商品をレコメンドするダイナミックレコメンド広告「おもてなしバナー」の配信を開始いたしました。

「おもてなしバナー」
http://taggy.jp/product/omotenashi_banner.php
「DoubleClick Bid Manager」
http://www.google.co.jp/doubleclick/advertisers/solutions/demand-side-platform.html

「おもてなしバナー」は、ECサイト、求人サイト、不動産サイト、旅行サイトを中心に、多くの広告主からその「手軽さ」と「費用対効果」という点で支持されており、2015年2月には広告配信ご利用社数が700社を突破したダイナミックレコメンド広告(※2)です。TAGGYでは、このダイナミックレコメンド広告のソリューションと併せて、配信時のDSP運用までをパッケージで提供することで独自のノウハウを蓄積しており、広告主の目標ROI達成に大きく貢献しております。

一方、「DoubleClick Bid Manager」は、Googleが提供するインターネット広告プラットフォーム「DoubleClick Digital Marketing」の1つで、ディスプレイ広告の最適配信を実現するDSPです。ユーザー属性や関心分野、購買意向など、広告主の目的に応じてターゲティングされた最適な広告枠に対してリアルタイムに自動入札をかけ、広告効果の最大化をはかるためのツールです。

今回の連携により、広告主は「おもてなしバナー」を「DoubleClick Bid Manager」を通じて膨大なインベントリーに配信することが可能となり、目標ROIは維持しつつ、現状「おもてなしバナー」の1.8倍以上の配信ボリュームとコンバージョン数の増加が期待できます。

TAGGYは今後もさまざまな事業パートナーとの協業体制を構築し、広告主のWEBマーケティング最大効率化、および売上最大化に貢献してまいります。

※1 DSP
広告主の広告配信効果を最適化するためのプラットフォーム
※2 ダイナミックレコメンド広告
自社サイトでのユーザー行動履歴に基づいてパーソナライズされた広告