2007年3月19日プレスリリース

株式会社TAGGY、本日より2種類のブログパーツ「TAGGYサーチ」と「TAGGYギャラリー」を提供開始
複数CGMサイト上の動画やニュースなどが、ブログ上で横断検索でき自動表示も可能に
-近日中にソースコードベースでの検索APIも一般公開し、マッシュアップコンテストを同時開催予定-

株式会社ネットエイジグループ(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:西川潔)の戦略的子会社である株式会社TAGGY(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:石上裕)は、複数CGMサイト上の動画やニュースなどをブログ上に表示することができる2種類のブログパーツ、「TAGGYサーチ」と「TAGGY ギャラリー」を本日より提供開始しました。

「TAGGYサーチ」は、TAGGYの検索機能をそのままブログ上で利用できる「自由検索ブログパーツ」です。TAGGYは現在、動画やニュースをはじめ国内外のCGMサイトに投稿された約2,500万記事の横断的なタグ検索が可能ですが、このブログパーツを設置することにより、このすべての記事がブログ上でも検索可能となります。これによりブログ閲覧ユーザーはエントリーを読みながら、その場でネット上の関連する情報にリーチしやすくなります。

一方「TAGGYギャラリー」は、ブログオーナーの興味や関心にマッチする記事だけを収集し、最新情報を自動的にブログ上に表示する「記事自動収集ブログパーツ」です。たとえばサッカーをメインテーマとしたブログの場合、「タグ=ロナウジーニョ、メディア=動画」と設定しブログパーツに記憶させておけば、CGMサイト上にアップされた最新のロナウジーニョ動画が自動的にブログ上に表示されるようになります。これによりブログオーナーはコンテンツ補完とリッチメディア化が実現でき、自分のブログを複数CGM サイトと連動させた「情報ギャラリー」に高めることができます。(現在、確認が取れている設置可能ブログは、Movable Type、Type Pad、Livedoorブログ、FC2ブログ、ココログ、ドリコムブログ、Blogger、Yaplog、Arekaoブログ、JUGEM)

また、「TAGGYギャラリー」では、同じテーマや関連性の高いテーマのブログ同士をつなげていく「ブログリレーション機能」も追加予定です。これは同じタグ(ロナウジーニョ)もしくは関連性の高いタグ(サッカー、リーガエスパニョーラなど)を記憶させたブログパーツを設置してある他者のブログに簡単に横移動ができる仕組みです。これによりブログオーナーは嗜好性の似たホットなユーザーを相互に誘導することができるようになります。

なお、ブログパーツのみならず、近日中にソースコードベースでの検索APIも一般公開し、同時に他社APIとの組み合わせによる「マッシュアップコンテンスト」も開催する予定です。このようにTAGGYは、ネット上に散在する情報を相互に関連付け、そのデータベースを公開し、ユーザーの効率的な情報収集やサイトの活性化に今後も貢献していきます。